大学生協パソコンのご案内

資料請求はコチラから

生協オリジナルパソコン2019モデル

13.3型で重さ915gのモバイル
自宅使用、持ち運びの両方に適したサイズ

3つの安心・安全
4年間のメーカー保証+動産保障+1年間24時間電話サポート

Microsoft Office(大学のライセンスを使用)
愛大生は入学後に大学のライセンスを使用し、4年間無料でご利用いただけます

トレンドマイクロウイルスバスタークラウド4年間更新版(15,000円相当)
標準インストール済み

年に1回、パソコンの健康診断
「パソコン無料メンテナンス会」の開催

初期セットアップ無料
宅配料無料

Microsoft Officeは大学のライセンスを使用するため、今回の機種には付属していません。
入学後、大学主催のオリエンテーションに参加いただき、各自インストールください。

※インストール方法はパソコン本体に付属の「インストールの手引き」をご覧ください。

▶ポイント1「自宅・大学・外出先、どこでも」4年間使うための高性能ノートパソコン

  • 第8世代CPU「kabyLake Refresh」のIntel Core i7を搭載のため、動作が早く、快適です。
  • 持ち運んで使うのに最適な1kg以下の軽量ノートパソコン。
  • 無線LAN内蔵なので、大学内の無線LANに接続可能です。
  • バッテリー駆動時間が約24時間(JEITA2)なので一日電源がなくても大丈夫。

▶ポイント2 勉学・研究に必要なソフト

  • Microsoft Office (大学のライセンスを使用)
    レポート作成や発表に不可欠なWord/Excel/PowerPointを大学のライセンスを使用してご利用いただけます。
  • トレンドマイクロ ウイルスバスタークラウド4年間更新版
    4年間追加更新料不要で安心してご使用いただけます。
  • 英語TOEICテスト対策(アルク・朝日出版社)就活支援コンテンツ(日経BP・大修館書店)
    TOEIC、TOEFLなどの試験対策から、英会話・専門英語など幅広いジャンルのテーマで収録。
    明鏡国語辞典、就活サイトの歩き方、スマホ&SNS活用、正しい就活メール作法、デジタルとITの最新用語集など就活を支援するコンテンツを収録。

▶ポイント3 万が一の時も本体に付帯する3つの安心・安全

4年間のメーカー保証

正しい使い方をしていてもパソコンは故障してしまうことがあります。このような場合、メーカー保証が適用されますが、通常はメーカーが提供する保証期間は1年間。量販店などでも長期保証を独自でおこなっていますが、店舗によって保証限度額の設定があったり、保証回数制限がかかっていたり、保証内容が違っています。しかし、大学生協では4年間メーカー保証が標準保証のため、安心して4年間ご使用いただけます。

4年間の動産保障

「移動中にぶつけてしまった」「飲み物をこぼしてしまった」など思いがけない事故による破損・液晶割れなどの修理の場合、通常で5万円~10万円と高額な修理代が発生します。生協オリジナルパソコンには4年間の動産保障が含まれていますので、保障限度額まで何度でも修理を受けられます。

4年間の動産保障(QG-Care)の内容

  • 修理会社で修理可能な破損の場合(動産保障の適用)
    一障害につき修理費用最高15万円までです(1年目)
    上限まで何度でも修理を受けられます。

    ※修理代金が経過年数保障上限額を超える場合には、超過修理代分はご負担いただきます。免責金5,000円(自己負担)

  • 修理会社で修理不可能な破損の場合(全損判定)
    保障限度額の範囲で動産保障によるパソコン再購入補助が受けられます。(再購入は生協での購入に限ります)

    ※再購入補助利用時には、動産保障契約が終了します。免責金5,000円(自己負担)

動産保障上限額範囲

メーカー保証開始日より 1年目 2年目 3年目 4年目
保障上限額 15万円 12万円 10万円 6万円

24時間電話サポート

「パソコンが起動しない」「ソフトウェアのインストール方法がわからない」「操作がよくわからない」などの困りごとに24時間・365日電話でお応えします。《24時間電話サポート有効期限:2020年3月31日》

※24時間電話サポートは、業務委託会社である「JBRジャパンレスキューシステム(株)」に必要な範囲内で個人情報を提供します。

生協パソコンが選ばれる理由

大学4年間を安心してパソコンを活用してもらえるように、生協は7つの安心をセットしています。

▶安心1 Windows10&高性能仕様だから安心

「Windows10」が搭載され「Intel Core i5」よりも上位CPU「Intel Core i7」が搭載されているため、動作は速く、快適です。

▶安心2 届いたらすぐに使えるようにOS初期セットアップ済みだから安心

購入したパソコンを使い始めるには、OS初期セットアップやネットワーク、プリンタの設定など多くの作業が必要です。学習用パソコンは、その中でも初期OSセットアップ(Windows設定)作業を実施した上で配送します。※個人情報登録が伴う設定やご家庭でのネットワーク設定などは含みません。

▶安心3 レポート作成・発表に必要なソフトは大学のライセンスで!!

レポート作成・発表に必要なMicrosoft Office(Word/Excel/PowerPointなど)は愛大生なら大学のライセンスを使用して4年間無料で利用できます。

▶安心4 ウイルス対策ソフト(4年間)が入っているから安心

トレンドマイクロ ウイルスバスター クラウド(4年間更新版)がプリインストールされているためウイルス対策ソフトの追加費用は在学中必要ありません。(15,000円相当)

▶安心5 4年間のメーカー保証と動産保障で万が一の時も安心

通常1年のメーカー保証を4年間に延長、さらにメーカー保証が適用されないユーザーの不注意による故障や破損の場合には、動産保障で卒業まで安心して使えます。

▶安心6 学内の生協と24時間電話サポートが受けられるから安心

故障など、何か困ったときに学内の大学生協店舗スタッフに相談できます。また、初年度は操作方法やトラブルなど困ったことが起こっても365日24時間電話サポートが利用できます。(1年目のみ)

▶安心7 パソコン講座でスキルに自信がない人でも安心

パソコン操作(Officeの操作等)に自信のない方にも安心してご使用いただくためにプロの講師が丁寧にパソコン操作や便利な使用方法について講習します。(講座は有料オプションです)

卒業までのサポートパックのご案内
~4年間どんなトラブルも何度でも無料でサポート~

自分の時間とお金を無駄にしないようにパソコンのトラブルに詳しくない方は、サポートパックに入ることをおすすめします。毎年9割の方が加入されています。

卒業までのサポートパックとは?

機械的な故障は、メーカー保証・動産保障で修理することができます。しかし「誤って入ってしまった迷惑ソフトや詐欺ソフトの消し方がわからない」「設定が元に戻せない」などのトラブルは、自分で調べて対処するか、専門のパソコン業者に依頼する必要があります。
一般的なサポート業者の料金は1回30分程度のサポートでも5,000円、サポートや不具合の内容によっては、10,000円~30,000円かかることも多く、突然の出費としては負担です。
「卒業までのサポートパック」は、学生のみなさまの金銭的、時間的、精神的な負担を減らし、4年間安心してパソコンを使えるように用意した生協オリジナルサポートです。
毎年、パソコン購入者の約95%の方が加入し、年間100件以上のサポート、ご相談にお応えしています。
是非、パソコンと合わせてのお申し込みをオススメします。

愛知大学でのサポート状況

卒業までのサポートパック・サポート内容

メーカー保証・動産保障の対象とならないトラブル対応・サポートを学内の生協のお店が担います

ソフトウェアのトラブルや周辺機器、学内ネットワークの設定などのトラブル対応や設定対応を生協窓口にておこないます。

卒業までの4年間(短大学部は2年間)、何度トラブル対応サポート問い合わせ相談を受けても料金は無料です

技術的なサポートは通常、有料ですが、加入者は、4年間何度サポートを受けても料金は無料です。

動産保障を利用した場合の免責金(5,000円)を生協が負担します。

破損や自損時の修理に動産保障を使用した際に発生する自己負担金5,000円の負担がなくなります。
※修理代金の動産補償額を超過する分に関しては費用が発生します。

パソコン修理期間中は無償貸出機をご用意します

パソコンの修理には、およそ1~2週間かかります。その間、手元にパソコンがない状況になってしまいますが、加入者には無料で修理期間中もパソコンをお貸しだしします。

パソコンの持ち運びに必要なPCインナーケースをプレゼント!!

パソコンをそのまま鞄に入れてしまうと傷が付いたり、故障や破損したりする可能性が高くなってしまいます。持ち運ぶパソコンをしっかり保護できるインナーバック(2,000円相当)とマウス操作を快適にする無線マウス(2,000円相当)がつきます。

ブラザー複合機プリンタをセット購入の方は、有償修理時の修理代補助(メーカー1年保証+3年間)

「インクが出ない」「紙詰まり」「電源が入らない」など2年目以降の有償修理の発生時にかかる修理代を補助します。


サポート具体例

【ご注意】

○ソフトの違法コピーなどには対応いたしません。

○ファイル共有ソフトなどが入ったPCのサポートはお断りする場合があります。

○消耗品の交換などは別途部品代をいただきます。

○今回の生協オリジナルパソコンのオプションサービスです。

先輩たちのパソコン活用方法

4年間過ごしてみて自分のパソコンがあってよかったです!!

大学生活は意外とパソコンを使います。例えば「Moodle(ムードル)※1」を通して小テストを受けたり、課題をやったりと。講義の資料がアップされて、自分でダウンロードしたりと。もちろん、大学にあるパソコンを使ってもできます。
だけど、テスト週間で空きがなかったり、周りの話し声が気になって集中できなかったり…。
そんな時に自分専用のパソコンを持っていてよかったなって実感しています。また、卒業論文の作成時には毎日のようにWordを使います。ほぼ単位が取り終わっていて大学にいく用事がないのに、卒論のためわざわざ大学にいったりするのは結構大変です。それに大学のパソコンは大学が開いている時間しか使えません。
自分のパソコンを持っていると友達と遊んだりバイトから帰って夜に、ちょっとの時間もうまく使って進められて便利でした。他にも就職活動でWEBテストを受験したりと4年間過ごしてみて自分のパソコンがあってよかったです。

2019年 経済学部卒業生 角谷紀恵さん

高校生に比べパソコンを使って学習する時間が増えました

私は、大学の入学と同時に生協でパソコンを購入しました。1年生の春学期の入門演習では、Wordでレポートを書きました。大学では、インターネット上で提出する課題があったり、テスト前講義中のスライドを確認をしたり、高校生のときに比べパソコンを使って学習する時間が増えます。自分が受ける講義を決める履修登録はスマートフォンでもすることができますが、パソコンを利用してじっくりシラバスを読んで登録する人が多いです。私の自宅には家族共用のパソコンがありましたが、夜に長時間レポートを取り組んだりするときは自分用のパソコンがあってよかったと感じました。テスト期間には、大学のメディアセンターは混み合うこともあり、そういった点からも自分用のパソコンを持っていると安心です。生協が販売しているパソコンはサポートもしっかりしています。まず、はじめからWordやPowerPoint※2などのソフトウェアが予め入っています。購入後も在学中の保証に加え点検などのサービスが受けられます。以上の点から、生協のパソコンがあれば、大学生活を送るのにとても役立つと思います。

新3年生 法学部 大橋菜々子さん

個人用のノートパソコンの必要性が高いです!

パソコンの主な使用用途としてはやはり「レポート課題」になります。講義の中間提出の課題でレポートを制作したり、必修科目の中にはグループでPowerPointを用いての発表があったりします。特に試験期間中にペーパーテストの代わりにレポート課題を課せられる講義では図書館のパソコンが全て埋まってしまうため個人用のノートパソコンは重宝します。また、学科や専攻によっては毎週Wordでレポートを書いたりExcelでデータの処理をしたりしなければならないため個人用のノートパソコンの必要性が高くなってきます。生協で購入したノートパソコンにはofficeのソフト※2やウイルスバスター、4年間のパソコン破損時の修理保証がついてくるため何かと便利だと思い生協で購入をしました。故障時にわざわざ家電量販店を訪れるより大学に行くついでにメンテナンスや修理を依頼できるところに魅力を感じました。

新4年生 文学部 沢田大輝さん

※1:学習支援サイト:講義の資料などがアップされます。詳しい使い方は大学主催オリエンテーションでおこなわれます。

※2:今回のご提案のパソコンには大学のライセンスを使用するためOfficeは付属していません。

資料請求はコチラから

新学期教材・PC・各種企画への申し込み

新入生応援サイト トップへ